大年神社 人生儀礼と祭り

人生儀礼と祭り

 

祭りは神さまとの出会いの場
日本人は物事の節目ごとに神社にお参りしたり、我が家に神さまを迎えておまつりする、そんな生活を大切に繰り返してきました。
子どもたちの健やかな成長を祈る初宮詣や七五三詣、結婚式、厄除など、人生の節目に行う祭りを人生儀礼と称しています。
日本人にもっとも身近な神さまとの出会いの場、そんな人生の祭り-人生儀礼-を紹介します。

 

人生儀礼一覧

宅神祭 毎年、立春頃までに行う家のお清め(お祓い)祭り
着帯祝い 妊娠5ヶ月で戌(いぬ)の日に安産の祈祷をする
お七夜祝い 産児の7日目に命名して祝う
宮参り 男は31日目、女は33日目に祝う
七五三詣 男子は3歳と5歳、女子は3歳と7歳
勧学祭 男女とも満6歳の4月入学時
成人式 男女とも満20歳になった時
結婚式 20年目に銅婚式、25年目に銀婚式、50年目に金婚式
還暦 数え年61歳
古希 数え年70歳
喜寿 数え年77歳
米寿 数え年88歳
白寿 数え年99歳

お祀りの申し込みについて

各祈願の申込書を掲載致します。
印刷して記入され郵送されても、メールでお送りされても結構です。
お供え物に付いてはこちらをご参考下さい。

祭行 申請書
家内安全祈願申込書 家内安全祈願申込書.PDF
初宮祈願申込書 初宮祈願申込書.pdf 
上棟祭祈願申込書 上棟祭祈願申込書.pdf 
新車祈願申込書 新車祈願申込書.pdf 
星まつり祈願申込書 星まつり祈願申込書.pdf
宅神祭祈願申込書 宅神祭祈願申込書.pdf
地鎮祭祈願申込書 地鎮祭祈願申込書.pdf 
厄除祈願申込書 厄除祈願申込書.pdf 
各種祈願申込書
(エクセルファイル)
神社祈願申込書.xls

宮参りなどの紹介

初宮詣
子宝は神さまの恵みによって授けられるもの。赤ちゃんが誕生して7日目の「お七夜」に赤ちゃんの名付けをするのが一般的です。 赤ちゃんの名前を神さまに奉告するために命名書を神棚の脇に貼っておくのも習わしです。赤ちゃんが初めて氏神様にお参りするのが初宮詣(お宮参り)。 誕生後、30日から100日前後に母方から贈られた晴れ着(祝着)をつけてお参りし、健やかな成長と幸せを祈ります。
むすひより引用

 

七五三詣

七五三詣

子どもの成長を感謝し、これからの無事を祈って氏神さまにお参りするのが七五三詣です。3歳は「髪置」と呼ぶ男女とものお祝い、5歳は男子の「袴着」、7歳は女子の「帯解」のお祝いとされています。
一般には稲の刈り取りを終えた11月15日前後にお参りしますが、雪の降る地方では、1ヶ月早めておこなうところもあります。
絵と文:むすひより引用

 

入学・卒業の奉告

神々の御加護で実力が十分発揮できますように-受験シーズンになると、天神さまをはじめ各地の神社に多くの受験生がお参りする姿が見られます。神前で心を静め、ものごとに臨むのは大切なことです。入学や卒業の際にも、氏神さまに参拝して、そのことを必ず奉告しましょう。
絵と文:むすひより引用

 

成人式

 

成人式

昔、公家や武家では「元服」といって、成人になったことを祝い、初めて冠をつける儀式がありました。
今では、20歳になった男女が大人として社会に認められ、祝福をうける日として聖人の日があります。 この日には各自治体主催の成人式のほか、神社でも成人祭がおこなわれます。無事に大人の仲間入りができたことを氏神さまに奉告しましょう。
絵と文:むすひより引用

 

結婚式

結婚式

伊弉諾尊(いさなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)の2神の夫婦の道に倣った厳粛な人生の門出が結婚式です。 神さまのはからいによって、ひとつの縁が結ばれたことを感謝するとともに、お互いに尊敬し合いながら長い人生を歩み、子孫の繁栄をはかっていくことを神前に誓います。
絵と文:むすひより引用

 

その他(新車の清祓い、地鎮祭)

新車の御祓い

新車の御祓いも行っております。
車を便利で安全に乗っていただくために、安全を祈願し、大難を小難に、小難を無難へとなるよう御祓いを行います。

 

地鎮祭
地鎮祭の様子です。