七五三(師走)

師走も十一日になりました。「師走」とは、師匠も走り出すほど、忙しい時期と言う意味ですが、昔と比べてみればあまり忙しくないのが実感ですね。
昨日は、西高東低の気圧配置で「雪」が降り、高速道路の浜田道は冬用タイヤ規制が出るほどでしたが、今朝は昨日に比べれば、ほのかに暖かいかなって思わせる気候でした。
桜の枯葉がカサカサと音を発てて、表参道を動き回ります。枯葉の動きを見ながら、師走の感を覚えました。

季節は初冬になりましたが、子供の健やかな成長を祈念する心はどこの親も同じです。子供の成長を祈りました。
 心真直に、病しきことなく身健やかにして智深く、心に煩わしきことなく、春の若竹の如く直く直くと生い立ち往きて、八千代の春に発ち栄えしめ給えと、、、心を込めて氏神様に祈念します。
お父さんやお母さんの神様に祈る気持ちは必ず神様に通じます。そうです。神様は、お守りになります。
にっこりと笑う門には、福来ると言います。今日の写真は、素敵な笑顔であります。ご家族でご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です