地鎮祭のご奉仕

この前、浜田市から万葉の里都野津に自宅を建設するということで、地鎮祭の御依頼がありました。
祝詞奏上の時に「地震が起きるとも築きたてたる柱の動くことなく」と読ませていただきましたが、その時、脳裏に「淡路・阪神大震災」「東日本大震災」そして、「熊本の大震災」が浮かびました。
日本国は、地震国です。地震が発生しても、「この柱が動かないように、神様お守りください。」と祝詞とは別に心の中でも読みました。
家を建築するのは、一生に一度の大事業です。屋根を葺く石州瓦、大工さんが打つ墨縄も誤ることなく、厳しく建築が終わりますよう施主様に成り代わり祝詞を大地の神様に申し上げさせていただきました。施主のご家族様、幸多かれとご祈念致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です