愛知県岡崎市からのご参拝

去る日の早朝、氏神様にご参拝がありました。権禰宜と正式参拝、家内安全祈願祭を心を込めて御奉仕を申し上げました。
ご家族三人でのご参拝でした。話をお聞きすると全国の神社やお寺を神様のお告げにより、ご参拝されているとのことでありました。
我が魂の底の底に鎮まられる神よ、無限の力が流れ入る流れ入る。これここに調和して、無限の生命が我が身体に流れ入り、満たされている。心の底から神と仏が混然一体となり、一切大調和の世界がここに現れている。
心安らけく、神様がこれらの人々の身体に生命が宿り、生命の本当の姿が示現せん。

DSCF9214
DSCF9215

妻の実家訪問(岩手県二戸市)

少し前のことですが、岩手県二戸市の妻の実家を訪問しました。目的は、故義父のお墓参りです。広島空港から東京羽田空港、そして青森県三沢空港へと飛行機の乗り継ぎでした。帰りは、行きの逆コースです

三沢空港は、米軍、自衛隊、民間の三者が使っています。

IMG_5100
IMG_5101IMG_5102IMG_5103IMG_5104IMG_5105IMG_5106IMG_5107

地鎮祭(和木町)

去る日の午後、都野津町の隣町の和木町で地鎮祭を御奉仕させていただきました。今日も権禰宜と共に御奉仕でした。天気も晴れ上がり、気持ちのより快晴の下での御奉仕でした。
施主のご家族には子供さんもいて、最後に玉串拝礼をしていただきました。無邪気な笑顔で二礼二拍手、そして最後に一礼され、無邪気ながら一所懸命に神様に祈る姿に、宮司も感動しました。

IMG_5147

IMG_5142IMG_5143IMG_5144IMG_5145IMG_5146IMG_5147

地鎮祭

この度、地鎮祭の御奉仕を致しました。宮司と権禰宜の二人で御奉仕を致しました。

住所確認を怠ったため、遅刻をしてしまいましたが斎場を手早く準備をして、暫し瞑目合掌を致しました。心を落ち着かせないと、大地の神様に施主に代わり、神様に祈念をすることができません。
心落ち着き、施主及び施工者を斎場に招き、心を込めて御奉仕を申し上げました。地鎮祭を始めると風が止み、大地の神様が神籬に宿られ、工事の期間中には事故が起きない、柱や梁を始めそれらに這う虫の災いの無いように、そして最後には無事に竣工し、施主の家族が幸せにお暮しになるようにと心を込めて地鎮祭を御奉仕いたしました。

IMG_5129IMG_5130IMG_5131IMG_5132IMG_5133

春がしました。晴れの日。

IMG_5063IMG_5064春、本番になった。今年は例年になく寒かった。桜の開花も遅く感じた。4月6日になり、やっと満開になった。日本の春と言うと桜の花です。韓国(南北朝鮮)では、春と言うと「椿の花」ですが、日本人の感覚では椿の花は冬ですね。春になると服装も重い服から軽い服装になり、身も心も軽くなる。春になれば軽い服装になる。春着になる。これが「晴れ着」の語源であり、お祝いをする。逆にお祝い着を「晴れ着」ともいう。桜の花の中、晴れ着をきてお祝いをしましょう。爽やかな青空の下、新鮮な空気を吸って神様と一体になっている自覚をしましょう。
この写真は、浜田市の夕日パーク周辺です。今が満開、桜吹雪を見に行って見ませんか。

令和4年祈年祭(春祭り)

IMG_4999IMG_5001

令和4年3月13日日曜日祈年祭(春祭り)を奉仕しました。都野津町には田圃はありませんが、畑の作物が秋の収穫期には大豊作になるように祈りました。
巫女さんも、この春から中学生になるので、巫女も卒業です。3年間お疲れさまでした。最初は間違えないよ遠慮がちでしたが、段々と慣れてきたこの頃は伸び伸び神様に捧げる舞を奉納してくれました。今後は神様の深い御守をいただき、健康で神の子無限力の力を発揮して勉強に、遊びに、心身を鍛錬して夢に向かって頑張ってください。

七五三(令和3年霜月21日

可愛い子供の笑顔、素敵ですね。ちとせ飴を差し上げました。今晩は必ず歯磨きをするんだよって手渡しました。大きな声で「はい。」とお返事をしてくれました。お父さんもお母さんもにっこりと微笑んでしあわせそうでした。

DSCF9189DSCF9190DSCF9191