令和元年10月の初宮詣

IMG_4058IMG_4062IMG_4061

令和元年10月14日月曜日午前10時から初宮詣をご奉仕しました。生まれて半年経過していますので、首も座り体格も大きくお祭りの最初と最後の太鼓の音にも全く動じない様子でした。お祖父さんは大年神社の責任役員監事です。敬神崇祖の念の強いご家庭でもあり普段の生活の中にも神様やご先祖様に感謝をされています。子供は家の宝、地域社会の宝でもあります。祝詞でも読ませていただきましたが、心も素直で、病気をすることもなく、春の筍のように毎日すくすくと成長し、親御さんや御家族の愛情に包まれ愛深く育ってほしいものです。

令和元年 七五三詣(七五三式)

令和元年九月(長月)二二日㈰午前十時、朝日の豊栄昇る時、令和元年初めての七五三式を御奉仕させていただきました。七五三と書いて「シメ」と読みます。お祝いと言う意味でもあります。本日、台風の影響が心配していましたが、お参りの時は氏神様のお守りがあったのか、雨風のなくお参りをいただきました。お兄さんが五歳、妹さんは三歳です。お祭りの初めに太鼓を叩きます。お兄さんは、落ち着いて背筋を伸ばし本殿に向かっています。妹さんは太鼓の音に吃驚した様子でお母さんに抱っこされ泣き声もありましたが、少ししたところで落ち着いたようでした。

七五三の祝詞は「心真直に、覚り深く、春の若竹(筍)の如く、直く直くと育ち、心に煩いなく、身に疾しく事無く、」と奏上させていただきました。兄妹仲良く、千歳飴を食べて下さい。今晩、寝る前

に必ず歯磨きして下さいね。

IMG_4019IMG_4020

先日、モンゴル国に5日間ほど教え子の招待により行って来ました。モンゴル国には、関西国際空港から7月8月の2か月間の期間限定で、モンゴル航空がチャーター便で、水曜日関西空港からモンゴル(ウランバートル)、日曜日にモンゴルから関西空港に1週間1往復しています。成田からモンゴルには毎日就航しています。交通費は往復8万円でした。
日本とモンゴルの時差は1時間です。日の出は午前5時頃、朝4時過ぎに明るくなります。午後7時過ぎに日は沈みます。しかし、日は沈んでも午後10時位迄明るく、自動車もライトをつけずに道路を走っています。国会議事堂前の広場では、老若男女問わず僅かな夏の期間の暖かい日を楽しんでいます。
モンゴル滞在記は長くなるので、少しづつ小出しにします。モンゴルは広い、草原ばかり、遊牧民と家畜(馬、羊、山羊、牛)、砂漠、ラクダ、大鷲、狼、地平線、道路が真っすぐで地平線が見えます。
偶然ですが、元横綱朝青龍と面会し、朝青龍は日本語で喋り、私は英語で喋り、そして最後には「下手な英語はやめろ、俺は日本に25年もいたんだ。隠岐の海関と出雲場所で大相撲をとったんだ。」と大笑いをしました。(つづく)

IMG_3676IMG_3679IMG_3733IMG_3820

IMG_3687IMG_3795IMG_3838

氏子総代による清掃奉仕作業

IMG_3585IMG_3586IMG_3587IMG_3588

令和元年6月23日㈰午前8時より氏子総代により都野津町の氏神様、大年神社の境内清掃奉仕作業が行われました。神社とお隣にあるお寺さんの境の除草作業が1時間にわたり行われました。又、表参道もきれいになりました。

氏子総代の皆さん。神社境内がとても美しくなりました。ありがとうございました。

大年神社末社 金刀比羅神社例祭

6月9日㈰午前10時より都野津町都の山鎮座大年神社の末社の金刀比羅神社例祭を御奉仕しました。当日は日曜日ということもあり、浜田市下有福町の「島根県指定無形民俗文化財」有福神楽保持者会 有福子供神楽社中による子供神楽の奉納もありました。

梅雨入りの心配される時期ではありましたが、氏神様の御恩頼により快晴の天気に恵まれ大勢の氏子崇敬者に見守れる中、かわいい所作大人顔負けの迫力のある神楽を奉納していただきました。

氏子総代会清掃奉仕

IMG_3430IMG_3431IMG_3434IMG_3435IMG_3436

氏子総代会の清掃奉仕作業がありました。5月26日の日曜日朝8時から氏子総代の皆様による境内の清掃奉仕活動をしていただきました。境内や表参道及び裏参道の枯葉を竹箒で掃いていただいたり、境内の除草作業をしていただき見違えるほどにきれいになりました。ありがとうございました。心から御礼を申し上げます。

ある氏子総代さんから「神社の清掃奉仕をすると、自分の心まで掃き清められた気分になります。」と言われました。大年神社は都野津町の氏神様です。氏子さんのお宮であります。清掃奉仕作業を終えて、氏子総代さんの心は、まさに掃き清められたことでしょう。心地良い汗を1時間ではありますが、流させていただきました。

氏神様の清掃奉仕作業は、地域起こしと同心円であります。毎月第4日曜日夏時間(4月から10月までは午前8時集合で奉仕作業を行っています。氏子崇敬者の皆さんもご一緒に気持ち良い汗を共に流してみませんか。

田植え

IMG_3396IMG_3395IMG_3389IMG_3364

先週の14日土曜日午前10時より島根県立大学浜田キャンパスに、中華人民共和国の香港、台湾の台中から交換留学生2名と田植えをしました。お米の銘柄は「きぬむすめ」です。

当日は天気にも恵まれ、少し汗ばむような気候でした。マスメディアとして、いわみCATV、江津市役所広報広聴課から取材がありました。

今年で海外からの留学生と共に田植えをするのも5年目になりました。

感想を聞いたところ、二人とも「田圃の泥の感覚が気持ち良かった。」と言っていました。この秋にはお米を収穫し、島根県立大学浜田キャンパスの国際交流会館に届けたいと思います。

二人の留学生に、母国ではどんなお米を食べているか聞いたところ、品種は分かりませんでしたが、細長いお米(長粒種)ですと答えてくれました。きぬむすめはジャポニカ種ですから、食べなれないお米です。二人とも1年間の日本留学だそうですが、日本のお米を食べて、日本人のやさしさ、文化等をよく理解をしてほしいと思います。

初宮詣(弥生二日)

弥生二日午前十時、氏子さんの初宮詣の御奉仕を致しました。三人目の男の子です。御家族お揃いでのお参りでした。自宅の新築の地鎮祭も御奉仕を致しましたので、お祖父さんとお祖母さんのお顔を見た時に懐かしいなという思いが込み上げてきました。二人の男の子(お兄ちゃん)も大人しくしてくれました。太鼓も優しく叩きました。お子様様の顔を見ながら叩きましたが、この子は大物です。ピクリともしません。将来が楽しみです。

益々、お父さんお母さんは佳き父、良き夫、家の大黒柱として、妻を愛し、妻と仲良くし、子供達に深い愛情を注ぎ幸せにお暮しいただきたいと願い、祝詞を奏上させていただきました

IMG_3136IMG_3137

IMG_3138

初宮詣(2月11日㈪建国記念の日)

初宮詣の御奉仕を致しました。この日は、暖冬であっても寒気が流れ込み、とても寒い日でありました。神社の拝殿には、石油ファンヒーターをつけて赤ちゃんが寒くないように暖房を予定時間の1時間前に運転を開始していました。その甲斐あってか、拝殿の中は大神様の深い愛情が感じられるほど暖かくなり赤ちゃんはぐっすりと眠っていました。大神様の御守護を受けられ、赤ちゃんは心真直に智り深く、身体健全に悩みのなく健やかに育ってほしいと思います。

IMG_3106IMG_3107

IMG_3108IMG_3109

初宮詣(お宮参り)平成31年1月

IMG_3083IMG_3084IMG_3086IMG_3087IMG_3088IMG_3089IMG_3090IMG_3091

平成31年1月27日㈰氏子さんに赤ちゃんが生まれ、お宮参りに来られました。この御夫婦に3人目のお子様です。三人姉妹です。お父さんは氏子総代を勤められています。お祖父さんも氏子総代の経験もあり、家族おそろいで氏神様を大切にされるご家庭です。しっかりと子育てをされ、大いなる力を神様は授けられると思います。三人姉妹、力を合わせて親孝行をして、絵顔で楽しいご家庭の中でお幸せにお暮しください