HB101の巻

IMG_4345

HB101は、(株)フローラ代表取締役川瀬善業氏の神秘的な体験からできた農業肥料であります。お米(水稲)を作るうえで自然界の樹木や草から抽出した液体の活力剤、肥料であります。水稲栽培では1000倍に希釈して水田に撒きます。そうすると、なんと言う事でしょう。耕作地の面積に考えられないほどの収穫があります。味も従来よりも濃厚になり、とてもおいしくなります。
宮司が水田を借用して、水稲の栽培を5年位になりますが、今年から収穫量が多くなりそうです。このブログを読まれて、興味を持たれたら、メールでもお電話でも戴きたいと思います。速やかにご紹介を致します。大年神社の神様はお米の神様です。これも大年の神様のお導きと感謝をしています。神様に感謝合掌です。

初宮詣(令和2年7月12日)

IMG_4328IMG_4329IMG_4330

氏子さんの第2子誕生です。おめでとうございます。
正式には、初宮詣と言いますが、お宮参りとも表現します。男の子は31日目、女の子は33日目に氏神様に初めてお参りをします。初めてのお宮参りですから、初宮詣とかお宮参りとも言います。氏神様にお参りし、宮司が祝詞を奏上し、赤ちゃんの誕生の報告と成長を神様に祈願します。父方の祖母が赤ちゃんを抱き、羽織をかけて正装をします。神様に父方母方御両家の益々の繁栄も一緒に御祈念を申し上げます。
御家族がまた一人と増えました。子供は夫婦の鎹でもあります。御家族御夫婦仲良く、子供が中心として生活が廻っていくと思います。御家族様の御愛念を赤ちゃんに注がれ、楽しく、嬉しく、笑顔の溢れるご家庭でありますよう御祈念を申し上げます。

地鎮祭(令和2年5月28日)

IMG_4308IMG_4310

地鎮祭を御奉仕いたしました。当日は快晴の五月晴れでありました。

まず、手水の義により両手及び口を漱ぎ斎場に斎主、施主、そして施工者の順に入場します。斎場には笹を建て注連縄を延渡し、

紙垂が時おり吹く風に舞い揺れる。そこには清浄な空気が張り詰め、大地の神様が天下られる環境が整った。

祭壇には、施主により氏神様、大地主神様にお米、お神酒、野山海の産物、塩、水が供えられる。只今から地鎮祭、清祓いの義を執り行うと

神様に宣言し、お祓い、祝詞奏上、穿ち初めの義、施主施工者による玉串拝礼の順に御奉仕し事始めと工事の無事を祈念しました。

都野津町12町内に新築住宅1棟、数十年ぶりの着工であります。

施主の家族には小学生もおられ、この秋には竣工と聞いています。12町内に子供の声が復活します。高齢者の住宅街に子供の声が聞こえるように

なる。町内のみんなが竣工を待ち望んでいます。

令和2年4月初宮詣

IMG_4281IMG_4282IMG_4283

桜の花が満開を少し過ぎ、風が吹くと花びらが吹雪のように宙に舞う。表参道を桜の花の絨毯を踏みしめるようにご家族お揃いでお詣りにおいでになりました。

可愛い女の子であります。お祖母さんに抱かれ、最初は少し泣いていましたが、太鼓の音と共に泣き止みました。この子は大物になるぞと思いながら、宮司、権禰宜の二人で御奉仕を申し上げました。

初宮詣が終わり、記念撮影になるとお祖母さんの膝に「ちょこん」とすわり真っすぐを眺めていました。

初宮詣では、いつも祈ります。赤ちゃんは健康で親御さんの愛情に包まれ、お父さんお母さんの愛情を一身に受け、素直に育ちますように、又、笑顔の絶えないご家庭になりますように、お祖父さんお祖母さんも健康で益々御多幸でありますよう御祈念申し上げます。

七五三(師走15日)

令和元年師走15日㈰午前11時より、七五三及び新車交通安全祈願祭を御奉仕しました。

子供さん三人ともお宮参りに来られました。お父さん、お母さんもそういう意味では顔見知りです。大きくなりましたね。

これが、出会いの開口一番の挨拶でした。子供三人ともすくすくと伸び伸びと育っています。これからも氏神様のお守りを蒙り、元気で、素直に、智も深く育ってほしいです。

IMG_4236IMG_4237IMG_4238IMG_4239IMG_4240

七五三及び初宮詣(霜月23日)

今日は霜月23日土曜日、勤労感謝の日です。今日は皇居で今上天皇陛下の一生に一度の践祚大嘗祭の日であり、国民挙ってお祝いの日であります。御皇室の安泰と御皇族の益々の弥栄を祈念したい日であります。
今日の佳き日に七五三、お宮参りの御奉仕を致しました。記念すべき日のお参りであります。御家族お揃いのお参りです。お祖父さん、お祖母さん、赤ちゃん、御両親、そして七五三のお参りのお姉ちゃんです。皆様お揃いで、健康で、安寧にお暮しいただき、益々御繁栄されますよう氏神様に心を込めてお祭りを御奉仕させていただきました。

IMG_4170IMG_4171

七五三詣(霜月27日)

おはようございます。〇〇ちゃん。今日は七五三のお祝いです。おめでとう。これから、神主さんが〇〇ちゃんが元気で病気もせず、素直な良い子供になりますように、神様に守って下さいねってお願いに行って来ます。その間、静かにお父さんとお母さんと弟の〇〇君と椅子に座っていて下さいね。
ドンドン、太鼓の音が神社に響き渡ります。じっと御神前に向かい御家族みんな背筋を伸ばして、姿勢を正して座っています。太鼓の後、お祓いと祝詞奏上です。これが終わりましたところで玉串拝礼です。お父さんと一緒にお参りをしました。作法通りにお参りが出来ましたので、千歳飴と宮司からクレヨン等撤下品を授与いたしました。

IMG_4179IMG_4180IMG_4181IMG_4182IMG_4183IMG_4184

初宮詣(霜月22日)

IMG_4164IMG_4165IMG_4166IMG_4167IMG_4168IMG_4169

本日、令和元年霜月22日㈮午前10時より初宮詣をご奉仕いたしました。母方のお祖母様から「寒気が日本列島に南下し、寒い日が続きました。今日の天気を心配しました。」と初宮詣の後にホッとした顔つきで申されました。霜月の後半ですから、暖かいとは言えませんが、晴天に恵まれ父方母方の両祖父母、父母、兄と御一家お揃いで、大年神社にお参りになられました。
お食い初めの御膳を撤下させていただきました。ご自宅に帰られてから、「直会」をしていただく様にお神酒も差し上げました。

赤ちゃんは女の子です。子供は国の宝です。少子高齢化が進む中で、赤ちゃんのお参りがあると宮司も嬉しくなります。子育てを応援します。大きく育ってほしいです。七五三でまたお会いしたいですね。初宮詣が終わると、お兄ちゃんは無我夢中で「椎の実」拾いに夢中でした。神社の前で家族写真を撮ろうとしても。お兄ちゃんは椎の実拾いで、それどころではありません。とにかく、お幸せにお過ごしください。

霜月17日の七五三

IMG_4151IMG_4152IMG_4153IMG_4154IMG_4155IMG_4156IMG_4157IMG_4158IMG_4159

 氏子さんのお参りがありました。三歳の女の子です。つい先日、かわいい妹ができました。妹と初宮詣にお参りに来ましたが、その時は介添え役でしたから、リラックスしていました。しかし、今日は妹が介添え役で私が主役です。緊張して、いつもの声がでません。蚊の鳴くような声で「はい。」と返事をします。お姉ちゃんは神社で巫女をしているので、落ち着いています。お姉ちゃんにも千歳飴をいただきました。

 宮司と約束をしました。今夜、寝る前に歯磨きをします。お父さんとお母さんに大きな口を広げて、きれいになったか見てもらいます。きれいになったら、布団に入ってゆっくりと眠ります。さあ、約束を守れたでしょうか。約束通り、歯磨きをしなかったら、虫歯になります。今度出会ったら、聞いてみます。約束を守ったでしょうか。(笑)

七五三(霜月十六日)

IMG_4143IMG_4144IMG_4145IMG_4146IMG_4147IMG_4148IMG_4149IMG_4150

今日の七五三は双子の兄弟です。それぞれに個性があります。顔、性格、体格と三歳になれば、持って生まれた個性が出現してきます。それは、それは、無条件に可愛いですね。お祖父さん、お祖母さんの目にもほほえましく映ります。さぞかし笑顔の絶えないご家庭でしょう。家族環境は、子供の笑顔や性格を造ります。宮司は言います。「飛び出せ、笑顔。」「令和は、君たちの時代だ。」