地鎮祭(令和2年5月28日)

IMG_4308IMG_4310

地鎮祭を御奉仕いたしました。当日は快晴の五月晴れでありました。

まず、手水の義により両手及び口を漱ぎ斎場に斎主、施主、そして施工者の順に入場します。斎場には笹を建て注連縄を延渡し、

紙垂が時おり吹く風に舞い揺れる。そこには清浄な空気が張り詰め、大地の神様が天下られる環境が整った。

祭壇には、施主により氏神様、大地主神様にお米、お神酒、野山海の産物、塩、水が供えられる。只今から地鎮祭、清祓いの義を執り行うと

神様に宣言し、お祓い、祝詞奏上、穿ち初めの義、施主施工者による玉串拝礼の順に御奉仕し事始めと工事の無事を祈念しました。

都野津町12町内に新築住宅1棟、数十年ぶりの着工であります。

施主の家族には小学生もおられ、この秋には竣工と聞いています。12町内に子供の声が復活します。高齢者の住宅街に子供の声が聞こえるように

なる。町内のみんなが竣工を待ち望んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です